普通公差

普通公差を用いる場合は、表題欄または表題欄付近に用いる規格と公差等級を指示します。
例:「JIS B 0405 m」「JIS B 0405 中級」など

独自の普通公差を用いる場合は、図中または別紙に公差表を記載します。別紙にする場合は、その別紙の公差表を用いることを図中に明記する必要があります。

普通公差は、個々に公差指示がない次の寸法にだけ適用されます。

次の寸法には適用されません。

つまり、個々に公差指示のない長さ寸法や角度寸法がある場合には、必ず普通公差の規格を指示するか公差表を図中に記載する必要があります。

また、面取りを含む長さ寸法の普通公差には、長さが0.5未満の寸法について公差指示の記載がないため、長さ0.5未満の寸法については個々に公差を指示する必要があります。

以下、JIS B 0405 : 1991 より抜粋

面取り寸法を除く長さ寸法に対する許容差

単位 mm
公差等級基準寸法の区分
記号説明0.5以上※
3以下
3を超え
6以下
6を超え
30以下
30を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超え
1000以下
1000を超え
2000以下
2000を超え
4000以下
許容差
f精級±0.05±0.05±0.1±0.15±0.2±0.3±0.5-
m中級±0.1±0.1±0.2±0.3±0.5±0.8±1.2±2
c粗級±0.2±0.3±0.5±0.8±1.2±2±3±4
v極粗級-±0.5±1±1.5±2.5±4±6±8

※0.5mm未満の基準寸法に対しては、その基準寸法に続けて許容差を個々に指示する。

面取り部分の長さ寸法(かどの丸み及びかどの面取り寸法)に対する許容差

単位 mm
公差等級基準寸法の区分
記号説明0.5以上※
3以下
3を超え
6以下
6を超えるもの
許容差
f精級±0.2±0.5±1
m中級
c粗級±0.4±1±2
v極粗級

※0.5mm未満の基準寸法に対しては、その基準寸法に続けて許容差を個々に指示する。

角度寸法の許容差

公差等級基準寸法の区分
記号説明10以下10を超え
50以下
50を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超えるもの
許容差
f精級±1°±30′±20′±10′±5′
m中級
c粗級±1°30′±1°±30′±15′±10′
v極粗級±3°±2°±1°±30′±20′
参考・関連規格

メニュー