真直度公差

平面の真直度公差

定義指示例
対象とする平面内で、指定した方向に、公差域tだけ離れた平行二直線によって規制される。
平面の真直度公差の定義
指示された方向における投影面に平行な任意の実際の線は、0.1だけ離れた平行二直線の間になければならない。
平面の真直度公差の指示例

測定方法

ダイヤルゲージや顕微鏡などで測定し、そのバラツキが最小となるように調整する。調整した値の最大差が真直度となる。

バラツキが最小となるように調整する方法は、製品自体を傾ける方法と、測定値の座標から最小二乗法によって算出する方法がある。

簡易測定方法

円筒表面の真直度公差

定義指示例
公差域は、tだけ離れた平行二平面によって規制される。
円筒表面の真直度公差の定義
円筒表面上の任意の実際の線は、0.1だけ離れた平行二平面の間になければならない。
円筒表面の真直度公差の指示例

測定方法

平面の真直度公差と同様。

簡易測定方法

製品を定盤に置き、すきまゲージなどで測定する。

円筒軸線の真直度公差

定義指示例
公差値の前に記号φをつけると、公差域は直径tの円筒によって規制される。
円筒軸線の真直度公差の定義
円筒の実際の軸線は、直径0.1の円筒公差域の中になければならない。
円筒軸線の真直度公差の指示例

測定方法

チャックなどで製品を固定し回転させ、必要な数の円周振れを測定する。測定した振れの半分の値の最大差が円筒軸線の真直度となる。

参考・関連規格

メニュー