溶接記号

溶接記号の表示方法

溶接記号は、矢、基線、溶接部記号で構成されています。特別な指示がある場合は尾をつけても良いのですが、通常はつけません。基線は水平に、矢は基線に対して60°くらいの直線にします。必要であれば矢を2本以上つけることも可能です。ただし、基線の両端に矢をつけることはできません。

溶接記号の基本画像 溶接記号の折線矢印画像 溶接記号の2本矢印画像

溶接部記号には、基本記号、組合せ記号、補助記号があります。溶接部記号がついていない場合には、形状や方法は問わず溶接で接合することを意味します。

溶接記号と一緒に溶接部の寸法などもまとめて記載することができます。そのときの数値は、記載する位置によって意味が変わってきますので注意が必要です。必要なもののみを記入すれば良いので、必要がなければ何も書かなくても問題ありません。

溶接記号の詳細表示画像 溶接記号の寸法の記載箇所画像

「L(n) - P」は、断続すみ肉溶接やスロット溶接、スポット溶接などで使用します。


溶接の基本記号

溶接の方法や形状を示す記号です。

名称記号形状・寸法
I形開先I形開先記号I形開先の形状と寸法
V形開先V形開先記号V形開先の形状と寸法
レ形開先レ形開先記号レ形開先の形状と寸法
J形開先J形開先記号J形開先の形状と寸法
U形開先U形開先記号U形開先の形状と寸法
V形フレア溶接V形フレア溶接記号V形フレア溶接の形状と寸法
レ形フレア溶接レ形フレア溶接記号レ形フレア溶接の形状と寸法
へり溶接へり溶接記号へり溶接の形状と寸法
すみ肉溶接すみ肉溶接記号すみ肉溶接の形状と寸法
プラグ溶接
スロット溶接
プラグ溶接、スロット溶接記号プラグ溶接、スロット溶接の形状と寸法
ビード溶接ビード溶接記号
肉盛溶接肉盛溶接記号
キーホール溶接キーホール溶接記号キーホール溶接の形状と寸法
スポット溶接
プロジェクション溶接
スポット溶接、プロジェクション溶接記号
シーム溶接シーム溶接記号シーム溶接の形状と寸法
サーフェス継手サーフェス継手記号サーフェス継手の形状と寸法
スカーフ継手スカーフ継手記号スカーフ継手の形状と寸法
スタッド溶接スタッド溶接記号

対称的な溶接部の組合せ記号

溶接部が対称的な形状の場合に用いられる溶接記号です。

名称記号形状・寸法
X形開先X形開先記号X形開先の形状と寸法
K形開先K形開先記号K形開先の形状と寸法
H形開先H形開先記号H形開先の形状と寸法
両面J形開先両面J形開先記号両面J形開先の形状と寸法
X形フレア溶接X形フレア溶接記号X形フレア溶接の形状と寸法
K形フレア溶接K形フレア溶接記号K形フレア溶接の形状と寸法

溶接の補助記号

溶接後の表面の状態と、その仕上げ方法を指示します。

名称記号
表面性状
平ら仕上げ平ら仕上げ記号
凸形仕上げ凸型仕上げ記号
へこみ仕上げへこみ仕上げ記号
仕上げ方法
チッピング
グラインダ
切削
研磨

基線に対する溶接記号の位置

溶接記号はつける位置を逆にすると、溶接方向まで変わってきますので注意が必要です。

手前側の溶接
反対面側の溶接

溶接寸法の記入例

溶接寸法の記入例 溶接寸法の記入例 溶接寸法の記入例
参考・関連規格

メニュー