普通幾何公差

普通幾何公差を用いる場合は、表題欄または表題欄付近に、用いる規格と公差等級を指示する。
例:「JIS B 0419 K」など

独自の普通幾何公差を用いる場合は、図中または別紙に公差表を記載する。

真直度・平面度

単位mm
公差等級呼び長さの区分
10以下10を超え
30以下
30を超え
100以下
100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
H0.020.050.10.20.30.4
K0.050.10.20.40.60.8
L0.10.20.40.81.21.6

真円度

真円度の普通公差は、直径の寸法公差の値となる。ただし、半径方向の円周振れ公差の値を超えてはならない。


円筒度

円筒度の普通公差は、規定しない。

平行度

直角度

単位mm
公差等級呼び長さの区分
100以下100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
H0.20.30.40.5
K0.40.60.81
L0.611.52

対称度

単位mm
公差等級呼び長さの区分
100以下100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
H0.5
K0.60.81
L0.611.52

同軸度

同軸度の普通公差は、規定しない。

円周振れ

単位mm
公差等級円周振れ公差
H0.1
K0.2
L0.5
参考・関連規格

メニュー