輪郭度公差

データムに関連しない線の輪郭度公差

定義指示例
公差域は、理論的に正確な幾何学形状をもつ線上を中心とする、直径tの各円の二つの包絡線によって規制される。
データムに関連しない線の輪郭度公差の定義
指示された方向の投影面に平行な各断面において、実際の輪郭線は、理論的に正確な幾何学形状をもつ線上を中心とする、直径0.1の円の二つの包絡線の間になければならない。
データムに関連しない線の輪郭度公差の指示例

データムに関連する線の輪郭度公差

定義指示例
公差域は、データム平面A、Bに関して理論的に正確な幾何学形状をもつ線上を中心とする、直径tの各円の二つの包絡線によって規制される。
データムに関連した線の輪郭度公差の定義
指示された方向の投影面に平行な各断面において、実際の輪郭線は、データム平面A、Bに関して理論的に正確な幾何学形状をもつ線上を中心とする、直径0.1の円の二つの包絡線の間になければならない。
データムに関連した線の輪郭度公差の指示例

データムに関連しない面の輪郭度公差

定義指示例
公差域は、理論的に正確な幾何学形状をもつ線上を中心とする、直径tの各球の二つの包絡面によって規制される。
データムに関連しない面の輪郭度公差の定義
実際の表面は、理論的に正確な幾何学形状をもつ表面上を中心とする、直径0.1の球の二つの包絡面の間になければならない。
データムに関連しない面の輪郭度公差の指示例

データムに関連する面の輪郭度公差

定義指示例
公差域は、データム平面Aに関して理論的に正確な幾何学形状をもつ表面上を中心とする、直径tの各球の二つの包絡面によって規制される。
データムに関連した面の輪郭度公差の定義
実際の表面は、データム平面Aに関して理論的に正確な幾何学形状をもつ表面上を中心とする、直径0.1の球の二つの包絡面の間になければならない。
データムに関連した面の輪郭度公差の指示例
参考・関連規格

メニュー