図形の表し方 - 図形の省略

図形の省略の基本

同じ形状が何十回、何百回と繰り返される場合、図面を描く方も見る方もうんざりしてしまいます。このような場合は、繰り返される回数を寸法部分に明記することで図を省略することができます。

対称図形の場合にも、対称となる一方の図形を省略することができます。

また、縦横一方の寸法が非常に長い場合には、縮尺を大きくとって全体を表示させなければなりませんが、縮尺を大きくすると細部が見えにくくなってしまいます。このような場合には、中間部分を省略することで縮尺を小さくでき、細部まで見えやすくすることができます。

隠れ線なども理解を妨げない場合、省略して良いことになっています。


図形の省略 一般事項

理解を妨げない場合には、かくれ線や切断面の奥に見える線は省略することができます。

一部に特定の形を持つものは、なるべくその部分が図の上側に現れるように描きます。

特定の形は上側に持ってくる

ピッチ円上に配置する穴などは、側面図や断面図で表す場合、ピッチ円が作る円筒を表す細い一点鎖線と、その片側だけに1個の穴を図示し、他の穴の図示を省略することができます。

ピッチ円上に配置する穴の省略

対称図形の省略

中心線に対称の製品の場合には、中心線の片側を省略することができます。省略する場合には、下記のどちらかの方法によって、図形が省略されていることを示します。

対称図式号を使用した対称図形の省略 対称図式号を使用しない対称図形の省略

繰り返し図形の省略

形状も寸法も同じものが多数並ぶ場合には、以下のような方法で図形を省略することができます。

ピッチ円の繰り返し図形の省略 繰り返し図形の省略

中間部分の省略

断面形状が同じ部分や、同じ形が規則正しく並んでいる部分、長いテーパなどの部分は、中間部分を切り取って必要な部分だけを近づけて図示することができます。

中間部分の省略
参考・関連規格

メニュー