このサイトについて

このサイトでは、機械製図での図面の描き方を JIS規格 を参考に作成しました。読みやすさ、わかりやすさを重視するため厳密性に欠く部分も存在しておりますので、予めご了承下さい。

普段取引をしないお客様から図面を頂いたときに「変な描き方だな」と思ったりもしますが、実はそれが正しい描き方だったということもよくあります。自分の会社の描き方が正しいと思い込んでいると、恥ずかしい思いをしたり、取り返しの付かない失敗をすることもありますので、機械製図の基礎はしっかりと学んでおきましょう。


図面から調べる

機械製図項目
  1. 図面様式
  2. 尺度
  3. 投影法
  4. 普通公差普通幾何公差
  5. 穴寸法の表し方はめあい方式
  6. キー溝の表し方
  7. ねじの表し方
  8. データム
  9. 幾何公差
  10. 表面粗さ

カテゴリーから調べる

機械製図の基礎知識と一般事項

図形を描く前に最低限の知識を学んでおきましょう。

図形の描き方

第三角法で描くのはわかるけど、すべての方向からの図を描くと時間がかかって・・・という方はこちらの項目を。

寸法の記入方法

寸法公差

幾何公差

その他

関連サイト

メニュー